BMI(肥満度)と平均体重

ドーナツを食べる男性

BMI(肥満度)と平均体重についてご説明します。
BMI(肥満度)とは人の肥満度を表す体格指数のことです。
ボディマス指数とも呼ばれています。
「体重(kg)÷身長(m)の2乗」という式で計算することが出来ます。
このBMIが男女とも22の時に、高血圧や高脂血症、肝障害などの病気になる確率が最も低くなることから、「BMI=22」となる体重が平均的な標準体重とされています。
肥満度の判定基準はBMIが18.5未満の場合が低体重、18.5以上25未満が普通体重、25以上30未満が肥満(1度)、30以上35未満が肥満(2度)、35以上40未満が肥満(3度)、40以上が肥満(4度)とされています。
ただし筋肉は脂肪よりも重いので、もともと筋肉質な方や身体を鍛えている方は、筋肉の重さでBMIが25以上という結果が出てしまうことがあります。

正しい身体の状態を把握するためにも、体重だけではなく体脂肪率もしっかり計測することが大切です。
肥満は心臓への負担になったり糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因になってしまいます。
心身の健康のためにも、バランスの取れた食生活と適度な運動を心がけて標準体重を維持することが大切です。

関連記事